動画でも少しお話ししましたが、指を完全に独立させることは体の構造上不可能であると。完全に独立させる為には、繋がっている腱を切らなければならないのです。

それでも、色々な練習方法を試していき根気よく続けていけばある程度独立して動きます。

しかし、独立するとこと、速弾きすることはイコールではないことを知っておいてほしいです。

別に指が完全に独立したところで速く弾けるわけではありません。

その理由は、速弾き=指の動く形を指に覚えさせること。これが、速弾きに最も重要なことなのです。

なので、練習方法としては、テンポを60位からゆっくり、確実に綺麗に鳴らす練習をしてください。ゆっくり弾けるようになってきたら、徐々にテンポをあげてください。60ができたら70、80と上げていき、80で弾けなかったらまた70にして練習しての繰り返しを行い、最終的に原曲のテンポで弾くことが出来るようになります。

速弾きの考え方としては、細かい音符をどのテンポでも正確に弾くことができる。この思考をもって練習してください。速弾きをする場合は特にテンポを意識してください。

話は逸れましたが、この練習をすることで結局指の独立運動にも繋がります。つまらないメロディーもない独立運動をするんではなく、好きな曲の難しく感じるフレーズを練習してたほうが遥かに楽しいです。

当ギター教室のモットーは楽しくですから、皆さんが楽しく練習出来る方法を一緒に考えていきますよ。